私が普段目にするものには、色があり、形があり、名前がある。

私が目にしたいものには、色がなく、形がなく、名前もないだろう。

それは果たして目で見えるものなのだろうか、それすらも疑いを持つ。

私は、水に墨やインクを流し込む技法で画面を描いている。

水は何かに止まると、そこで静止しているかのように見える。

しかし、そこに墨を流し込むと、そこには目では捉えることのできなかった流動が現れ、やがてその痕跡を残す。

その現象の痕跡は、私がどのように手を施しても表すことのできない衝動を秘めていることに気がつく。

私の操作に及ばないその衝動に、私は触れてみたくなった。

そこに目にしたいものがあるような気がしたからだ。

目に見えなくとも、そこにある確かな存在が視程に入る瞬間を望み、私は描く行為を繰り返す。

北島 曜

What I usually see is colored, shaped and named.

What I want to see may have no color, no shape, and no name.

Is it even something that can be seen? I doubt it.

My work is drawn using the technique of pouring India ink and color ink into water.

When I water the surface of my work, the water appears to be stationary.

However, when the ink is poured into it, a stream that can not be seen by the eye appears, and after a while, this stream leaves a trace.

I noticed that there was motion there that I could not express even if I tried.

I wanted to dive into this inexpressible motion. 

To see the moment when what is invisible appears to the eye. Then to draw it, again and again.

I felt there was something there that I wanted to see.

Yoh KITAJIMA

translation by Eli Ferster

 

 

 

京都市在住

living in Kyoto city

 

1986

京都府出身

born in Kyoto

2014

京都精華大学大学院芸術研究科洋画専攻修了

Kyoto Seika University graduate school of Arts department of Painting Completion

個展solo exhibition

2017

見えざる輪郭 sightless outlines / アートスペース虹 京都

2014

眺む a view / Galleryはねうさぎ 京都

 

グループ展 | group exhibition

2019

深海の歩き方 “Listening to things having no voice.” / 2kwGallery 滋賀

2017

掃除と展示 / アトリエ9 京都

非在の庭 最終章 The Garden of the Mind – The Finale / アートスペース虹 京都

2012

懐 愛知県立芸術大学大学院×京都精華大学大学院合同展 / 常懐荘 愛知

ARTCOM2012京都造形大学×京都精華大学合同展 / 水景園 けいはんな記念公園 京都

 

 

2011

第二回カモシカ音泉 蚕の市 / 三重

うつそみの 京都造形大学×京都精華大学合同展 / 水景園 けいはんな記念公園 京都

見えることと、その地下茎 / 京都精華大学 京都

©️ YohKITAJIMA 2020

wasabi-artshoponline-.jpg